ナイトパスのチケット
東京ディズニーリゾート®

カップルで楽しみたい-夜のディズニーランド攻略まとめ

投稿日:2016.2.8
2307ポラ メスカリン佐々木

この記事を書いた人

和室の中に扇風機が一台
メスカリン佐々木

記事一覧

この記事をシェア

カップルで楽しみたい-夜のディズニーランド攻略まとめ

ナイトパスのチケット

スケジューリングがカギ

「アフター 6 パスポート」を利用しましょう。これは平日 18 時から購入できるパスポートで、値段も通常の約 3 割引の 4,200 円。夜のディズニーランドに行くときは忘れてはいけません。ちなみに土日祝日は 15 時から利用できる「スターライトパスポート」となり、値段も上がりますので注意してください。

閉園までの 4 時間でディズニーランドを満喫したいときは、細かいスケジューリングが必要になります。夜のディズニーランドのお楽しみはやっぱりパレード、ショー、そして花火。事前に当日のイベントスケジュールをサイトでチェックしておいて、アトラクションを決めるのが王道です。

ナイトパレード

シミュレーションしてみましょう

実例を出して、平日夜間を満喫できるスケジュールをシミュレーションしてみたいと思います。

 

18:25 ごろ  エレクトリカルパレード・ドリームライツ(雨天時はミニパレード「ナイトフォール・グロウ」)

入園したときはすでにパレードルートも埋まりかけているかもしれないので、急いで場所取りをしましょう。オススメの鑑賞場所は、晴れの日はパレードのスタート地点に近いホーンテッドマンションの周辺、雨の日はトゥーンタウンの周辺。パレードを見終わってから次の行動にもっとも早く移れるからです。パレードは 30 分のプログラムのため、スタート地点の近くにいれば、端で見学するより 30 分近く早く行動できることになります。この知る人ぞ知る盲点を十分に活用しましょう。

19:40 ごろ ワンス・アポン・ア・タイム

昨年に引き続いて、ナイトエンターテイメント「ワンス・アポン・ア・タイム~スペシャルウィンターエディション~」が今年もあります。さらに、今年は親しみやすい日本語バージョンで公演されます。

20:30 ハピネス・オン・ハイ

ディズニーの名曲にのって打ちあがる花火。打ちあがる方向は、シンデレラ城を正面にして 10 時から 11 時の方向です。刹那的だけど永遠にも感じる素敵な花火です。風が強い日などは中止になることもあるので、当日に要チェックです。

 

いかがでしょうか。イベント間隔がおおよそ 30 分。無理なくうまくイベントを楽しめそうです。

ハート

Photo Credit: gephoto

アトラクションは 3 つまで、レストランはプライオリティ・シーティングで

では、イベントの間に行きたいアトラクションですが、それにもちょっとしたコツがあります。

行きたいアトラクションは 3 つに絞る―これは鉄則でしょう。

この時間では「ファストパス」はまず残っていません。人気アトラクションは、並んで入るしか方法がありません。そうなると必然的に 3 つが妥当になります。欲張りすぎるとパレードを見逃してしまうなど、達成できなかった気持ちが残ってしまいます。中途半端では楽しみも半減です。無理のないスケジュールで、それをやり切ることが大事です。

ディズニーランドで回りたいのはアトラクションだけではありません。カップルで行くのであれば、レストランで食事を楽しみたいですよね。しかし、18 時からの入園だとレストランは混雑し始めます。そういうときは「プライオリティ・シーティング」を利用しましょう。これは、あらかじめ指定した時間にお店に行けば、空席ができ次第、優先的に席へ案内してもらえるシステムです。デートならスマートに行きたいのでとても重宝します。「イーストサイド・カフェ」「センターストリート・コーヒーハウス」「クリスタルパレス・レストラン」「ブルーバイユー・レストラン」「れすとらん北斎」を利用できます。

閉園前、最後にもう一つアトラクションにチャレンジするのもいいですが、ライトアップがされた夜のディズニーランドは本当にロマンチックです。カップルで行っているなら、二人で余韻を味わう時間にするのもいいですね。記念撮影やディズニーのお土産を買う時間にあててもいいと思います。素敵な夜のディズニーランドを楽しんでください。

この記事を書いた人REPORTER

和室の中に扇風機が一台

新聞記者、雑誌編集を経てフリーランスに。現在はグルメ、旅、釣りが主戦場。

ナイトパスのチケット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅ポラの最新情報をお届けします

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

↑