トリック2
スキー・スノーボード

男ならスノーボードはトリックでカッコつけたい

投稿日:2016.2.15
885ポラ GOくん

この記事を書いた人

風見鶏
GOくん

記事一覧

この記事をシェア

男ならスノーボードはトリックでカッコつけたい

トリック

Photo Credit: Pressmaster

「グラトリ」とは ?

冬のスポーツと言えばやっぱり、スノボやスキーですよね。毎年スノボに行く方も多いと思われますが、スノーボードを楽しむ方法の一つとして、ただコースを滑るだけではなく、グラトリをしながら滑る事でさらに楽しく滑ることができますよ。グラトリとは、グランドトリックのことで、平らなグラウンドで繰り出すトリック全般を示します。主に緩斜面で、ジャンプやスピンなどの技術を組み合わせて滑ります。ジャンプ台を使わないので、トリックも比較的難易度が易しく、斜度の緩い平らなコースで行う場合もあれば、地形をうまく生かしたトリックも存在します。彼女とのデートで、グラトリをたくさんこなしながら滑れば、さらにかっこよさがアップしますよ。是非マスターを目指してみましょう。基本的にグラトリは、誰でも練習すればできるようになるものが多いので、経験と回数を重ねて練習していく事が重要です。なかなか成功しなくてもあきらめずに根気よくマスターしていきましょう。

トリック2

Photo Credit: bullet74

トリックの種類を紹介

グラトリには、動作のカタチに合わせていろいろな種類のカテゴリーが存在します。グラトリの種類は大きく分けると、オーリーやノーリ系、スピン系、プレス、マニュアルなどに分かれており、それぞれにさらに違った小技がたくさん付属しています。一つ目のオーリーなどは、ジャンプをするための動作で一番基本的なトリックになります。続いてのスピン系はその名の通り回転して向きを変えるトリックです。そしてプレスは進行方向に対してボードを横にずらします。そして前足や後ろ足に体重をかけボードを押し付けるトリックです。さらにマニュアルはノーズやテールに乗り、片方の先端を浮かすトリックです。これらのトリックを組み合わせてコンボトリックを自由に決めていくことがグラトリの楽しい部分です。それぞれのトリックカテゴリーにはさらに詳細な術が枝分かれしており、応用的な術がたくさん存在するので、是非いろいろな術を組み合わせてカッコいいコンボを決められるように練習していきましょう。

二人でトリック

Photo Credit: Samot

最近スノボを始めた人でも挑戦できる !

グラトリの種類は大きく分けると、スピン、ジャンプ、ドライブなどがあり、一気にマスターしようとするのではなく一つずつ着実にマスターしましょう。初心者の方はまずオーリーから挑戦してみましょう。オーリーはスケボーでもおなじみの基本トリックで、あらゆるトリックのベースとなる術なので完璧に身につけましょう。オーリーをマスターしたら続いてノーリやスイッチオーリなどの応用を利かせ、バリエーションを増やして下さい。続いてはプレスの練習をしましょう。ノーズプレス、テールプレスなどがあり、プレス系グラトリやスライド系グラトリまたレールやボックスなどの基本となる動きなどで、これも着実にマスターして下さい。ここまでマスターすれば、基本的な動作はだいたい身に付いたので、この先は自分の極めたい応用的な術や難易度が高めの術にも挑戦してみましょう。このように最近スノボを始めた人でも、臆する事なく基本動作から練習すればしっかり上達していきますよ。

この記事を書いた人REPORTER

風見鶏

冬といったらスキー場!ってぐらいにスキー・スノーボードが好きです。普段はアパレルで勤務していますが、冬になったら休みは全部ゲレンデに費やしてしまいます。スキーやスノーボードがうまくなるコツや体験談などをシェアしているので、是非読んでみてください!

トリック2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅ポラの最新情報をお届けします

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

↑