千鳥ヶ淵
高速バス

春のお知らせである桜の豆知識

投稿日:2016.3.7
731ポラ 旅ポラ編集部

この記事を書いた人

旅ポラ編集部250_250
旅ポラ編集部

記事一覧

この記事をシェア

春のお知らせである桜の豆知識

千鳥ヶ淵

桜のこと、どれくらい知っている?

桜は、突然変異が起きやすく、さらに雑種ができやすい性質があり、そのため数多くの園芸種があります。突然変異が起きやすいことから、八重咲きや花弁の色変化など、多彩な変種が生じます。また、自家受粉しにくい性質があり、雑種ができやすい特徴があります。桜の代表的品種のソメイヨシノ(染井吉野)は、エドヒガン系とオオシマザクラとの雑種だとされます。また、1月下旬から2月にかけて開花する早咲き桜のカワヅザクラ(河津桜)は、オオシマザクラとカンヒザクラとの雑種だとされます。この種の園芸種は、雑種ができるとその特徴が失われるため、園芸用の苗木として増殖させる場合、実生による増殖ではなく、普通は、接ぎ木の技法による増殖となります。桜は、川の土手などに植えられる場合が多々見られますが、桜が根を張ることで、土手の強化になるからです。川の土手以外では、街路樹として、公園の植木として、学校の入学式に咲く植木として、幅広く親しまれています。また、古来、花見の花として親しまれていることは、言うまでもありません。

桜餅

桜餅のほかにもこんなに桜の料理があります

桜は、食用になります。サクランボがそれですが、これは当たり前すぎますので、サクランボ以外で、桜が使われる料理を調べてみましょう。誰でも最初に思い付くのは、桜餅でしょう。桜餅では、桜の葉を塩漬けにして、餡入りの餅を包む用途で、翌年に利用します。塩蔵した桜の葉は、独特の芳香を放ちますが、これはクマリンが含まれるからです。このクマリンには肝毒性や腎毒性があり、普通に食べる程度の少量なら問題ありませんが、継続的に大量摂取するのは避けるべきとされます。八重桜の花を塩漬けにしたものが、「桜漬け」です。桜漬けは、和菓子やアンパンに用いられ、香り付けに役立つ他、風流な趣向として好まれます。桜漬けに湯を注ぎ、「桜湯」として祝い事で飲むこともあります。茶碗の中で花が開くので、めでたいとされるのです。桜を材料にする料理となると、サクランボ、塩漬けの葉、塩漬けの花、このどれかを使ったものが基本ですが、さくらフレーバー(さくらの香料)を使ったものも多種類あります。さくらフレーバーは、主に製菓用として市販されています。

桜の花

全国の桜前線も知っておこう

桜といえば花見であり、花見となれば開花情報が気になります。天気予報で桜前線が出て来るのも、多分、日本独自のものでしょう。桜前線は、ソメイヨシノを基準にして、開花日を線で繋いだもので、全国的には南方から北方に移動し、山岳部では低地から高地に移動します。そのため、桜前線と言っても一本の線で繋がるものではなく、等高線のようにもなります。桜前線は、ソメイヨシノを基準にするため、早咲き品種や遅咲き品種に対しては、全く当てはまりません。うっかりと勘違いする場合もありますが、ソメイヨシノが圧倒的に多いため、勘違いをしても失敗は少ないと思われます。なお、ソメイヨシノは病気に弱く寿命も短いため、植え替えに際しては、ソメイヨシノからジンダイアケモノ(神代曙)に変更されつつあります。ソメイヨシノとジンダイアケボノとの外見はソックリですが、ジンダイアケボノの開花時期は少し早くなります。この点が、今後の注意点になります。なお補足ですが、桜前線は、以前は気象庁が発表していましたが、今では民間の気象予報業者が行うようになりました。

関連トピック

この記事を書いた人REPORTER

旅ポラ編集部250_250

毎月1回は必ず国内旅行(日帰り含む)へ繰り出し、夏休みや冬休みには殆どのメンバーが国内外へと出かけていくという、旅集団「旅ポラ編集部」。 自らが現地で体験した旅の感想からマニアックな楽しみ方、ちょっとした旅の豆知識まで、様々な角度で旅を楽しむための記事をご紹介していきます。

千鳥ヶ淵

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅ポラの最新情報をお届けします

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

↑