はちみつ製品
日帰り旅行・バスツアー

大人気のはちみつを間近で体験

投稿日:2016.3.7
412ポラ YUMI

この記事を書いた人

塀の上に座っている猫
YUMI

記事一覧

この記事をシェア

大人気のはちみつを間近で体験

はちみつ製品

はちみつは美容や健康に良い?

はちみつというと、なんとなく健康によいというイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。しかし具体的にどんな効果が有るのかというと、いまいち知らないという人も多いかもしれません。では、はちみつにはどんな効果があるのでしょうか。まず一番大きな効果としては、肌の健康維持に非常に役立ってくれるということです。様々なビタミンにカルシウムなど豊富な栄養素が含まれています。そして保湿効果があるので肌をみずみずしく保ってくれ、適度な水分や脂が肌に潤いを与えます。カサカサ肌や皮脂が浮くような極度なバランスになることを避けられる効果があるのです。またエイジングケアにも効果があり、はちみつに含まれるビタミンが身体の酸化を防いでくれるという、女性には嬉しい効果もあります。その他にも砂糖よりもカロリーが低いので、ダイエットにも有効に使えますし、便秘解消に役立つと言われるグルコン酸も含まれているので、お通じも良くなると言われています。

はちみつ箱

そもそもはちみつはどうやって出来るのか

では、はちみつはどうやって採集されているのでしょうか。一般的なはちみつ農家でのはちみつの作り方を紹介します。まず、はちみつの成分は、ミツバチの働き蜂がハナなどから採取をしてくる花の蜜が大半です。その花の蜜がミツバチの体内で変化し、更に巣の中ではちみつの素となっていきます。はちみつ農家は巣箱でミツバチを飼育し、ミツバチが採集してきた蜜を取っていきます。蜜を取るときにはミツバチが混ざらないように注意をはらいます。固形状の蜜を巣箱から採取し、その蜜を遠心分離器にかけていきます。固形の蜜から液体状の蜜を分離していくことで、いわゆるはちみつと呼ばれるような状態になっていくのです。しかしまだ作業は終わりではありません。この液体状になった蜜には色々なゴミなどが入り込んでいるので、それを取り除くために丁寧にろ過作業をします。ここで蜂蜜の味も大きく左右されるのです。そしてろ過されたはちみつをパッケージに詰めて出荷していきます。

ホットケーキ

料理や飲み物にはちみつを取り入れる

はちみつには様々な効果が有ることはお伝えしましたが、ではどの程度毎日摂ると良いのでしょうか。極端に摂り過ぎると、やはり糖分なのでカロリー摂取過多になりますし、身体に合わないという人もいるので、量に関しては一日大さじ2杯から3杯が良いでしょう。牛乳に混ぜて飲んでみたり、ホットケーキにかけたりパンに塗ったりと朝食で摂っても良いですし、夕食や昼食を作る時に砂糖の代わりに入れてみても良いでしょう。煮物に入れてみると独特のクセも抜けて、苦手な人でも食べやすくなりますし、まろやかで優しい甘みになります。そして、はちみつに興味を持った人を対象にした、はちみつ採取体験が楽しめるツアーというのも実施されています。健康や美容に関心のある女性はもちろんのこと、お父さんとお子さんで協力してはちみつ採集を楽しんだり、お母さんはとれたてのはちみつを食べたり、はちみつ入りドリンクを飲んだりするような楽しみ方もできます。女性だけではなく、家族全員で楽しめるツアーとしても今注目を集めています。

関連トピック

この記事を書いた人REPORTER

塀の上に座っている猫

子供を持つ専業主婦。子供も独り立ちし自身の時間が取れるようになったので、今までなかなか行けなかった旅行を楽しんでいます。家族で楽しい思い出づくりをするための、ちょっとしたコツを皆さんにお伝えしたいです。

はちみつ製品

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅ポラの最新情報をお届けします

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

↑