調理風景
日帰り旅行・バスツアー

観光地のことをもっと知れる、もっと好きになる 体験型ツアーのすすめ

投稿日:2016.3.21
777ポラ キョーヘイさん

この記事を書いた人

観覧車と空
キョーヘイさん

記事一覧

この記事をシェア

観光地のことをもっと知れる、もっと好きになる 体験型ツアーのすすめ

「寿司握り体験」などに代表されるとおり、インバウンド(海外からの訪日)を皮切りに、体験型ツアーが好評のようです。この勢いは国内ツアーにも波及しており、「どこに行くか」より「何をするか」をテーマに旅を楽しむ方も増えているそう。国内旅行をし尽くしたと思っているアナタ。その土地でしか味わえない体験を通じて、2 周めの国内旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

調理風景

郷土料理の調理、実食の体験ツアーが人気

伝統工芸品の制作、郷土文化に根付いた職業経験など、体験型ツアーは数多くありますが、なかでも人気があるのは、郷土料理の調理、実食をセットにしたもの。基本的にこれらのツアーの場合、老若男女を問わず楽しめること、加えて郷土の美味しいものを確実に食べられるという点が好評を博す要因です。もうひとつの理由は、日本各地の地産地消の動き。近年の飲食店を見渡せば、真摯な姿勢で食材を育てる生産者、小さいながらもその名を全国に轟かせる酒蔵などに注目が集まっているのは自明の理。これらを東京の飲食店などで目にし、口にすることで「地元に赴きこの味を堪能したい」という方も増えていることが、この郷土料理の調理・実食の体験ツアーの人気に拍車をかけています。さらに、こういった体験型ツアーの多くは、いわゆる観光名所巡りなどと違って 1 日で十分にプログラムを消化できるのもポイント。連休はとれない、という方でも、日帰りでしっかりと「非日常」を味わえる内容であることが人気を下支えしているようです。

ざるうどん

東京から日帰り。群馬でうどん打ちと日本酒を楽しむ体験

地元ならではの食材、郷土料理を楽しめる体験ツアーそのものは珍しくありませんが、この調理・実食体験に注目が集まっている分、現在、旅行会社各社が、多種多様なプログラムを用意しています。そこで今回は、今が旬の食体験ツアーを一例としてご紹介します。今回注目したのは、現在、飲食業界で静かなブームがおきている「うどん×日本酒」の組み合わせ。そもそもこの組み合わせ、蕎麦屋で酒肴と日本酒を味わうといった楽しみ方は以前からありましたが、これをうどん屋で楽しめるというもので、『ミシュランガイド 東京 2015』でも、コストパフォーマンスの高いお店を表す「ビブグルマン」に、いくつかのうどん屋がエントリーするなど注目の高さが知れます。ということで、今回は東京を出発地に、おいしいうどんづくりを楽しめて、さらに郷土の日本酒を味わえる体験ツアーを検索。新宿発、群馬着で手打ちうどん体験を楽しめ、名酒「誉国光」を味わえるオリオンツアーの「体験大好き うどん打ち体験 & トロゆばすくい体験♪ 新鮮 ! 地元食材をふんだんにつかったランチビュッフェ !」について調べてみました。

湯葉 作業所

「誉国光」の試飲と、手打ちうどんの試食

ツアーの基本構成は、うどん打ちと、「誉国光」の酒造見学、試飲に加え、ゆばづくり体験がセットとなっており、それを日帰りで楽しめるというもの。旅行日にもよりますが、かなり手ごろな価格帯となっています。プログラムでは、まず「ゆばづくり体験 & 試食」。女性を中心に健康志向の方から注目の集まる大豆をつかったゆばですが、こちらは「ゆば寿司」や「絹ごし生揚げ」、「ゆばサラダ巻き」などで楽しめます。お次は群馬が誇る老舗・土田酒造(明治 40 年創業)の「誉国光」の酒造見学と試飲。最後に、実は関東でも屈指の粉食文化を誇る群馬のうどんの麺打ち体験。もちろん麺打ちだけでなく試食もあります。いかがでしょうか。日帰りとはいえ、かなり充実した内容。翌日、友人や知人に「群馬の食文化のうんちくを傾けられる」といったお土産付きですから、かなりお得と言えるのではないでしょうか。今回は郷土料理の調理、実食の体験ツアーに注目し、その一例を取り上げてみましたが、やはり現地をより深く知るという意味において、体験型ツアーの充実度はかなり高いと思います。旅の新たな選択肢として、ぜひ活用してみてください。

 

この記事を書いた人REPORTER

観覧車と空

普段は会社勤務で帰宅したらパパになっています。でもやっぱり男としては少年の心を持ち続けたいので、一人で旅行したりするのが好きです。そんな僕の体験を楽しんでください。

調理風景

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅ポラの最新情報をお届けします

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

↑