蟹の上手な食べ方
日帰り旅行・バスツアー

蟹食べ放題に備えて!上手な食べ方のコツ

投稿日:2016.11.15
4294ポラ 旅ポラ編集部

この記事を書いた人

旅ポラ編集部250_250
旅ポラ編集部

記事一覧

この記事をシェア

蟹食べ放題に備えて!上手な食べ方のコツ

かに鍋

蟹料理、カニの食べ方の種類いろいろ

冬といえばカニ料理!旨みたっぷりのカニは、口の中にいれた瞬間から幸せな気分になれますよね。カニのおいしさを存分に味わうには、それぞれの種類に適した調理方法で食べることが大切です。

カニの王様、タラバガニは焼きガニや茹でカニがおすすめ。カニの中でも比較的水分が多く、焼きガニにすることで水分がギュッと身の芯まで浸透し、しっかり火が通るので深みのある味わいに。また、弾力性もあるのでプリっとした食感が楽しめます。

大きく太い脚を塩ゆでした茹でカニも、食べ応え抜群!そのまま旨みを堪能しても、カニ酢やポン酢などで味を調節してもおいしく食べられます。

一方、脚の長~いズワイガニは脚に甘みを多く含んでいるので、カニ本来の旨みをじっくりと味わうことができます。おすすめの調理方法は、脚の長さを活かした天ぷらやカニシャブ。ズワイガニは脚の長さでおいしさが決まるそうなので、選ぶときはぜひ長いものをチョイスして。大きな口で旨みたっぷりの脚にしゃぶりつく・・・最高に贅沢な食べ方ですよね!

また、鮮度がいい活ズワイガニはカニ刺しで食べるのもおすすめ。エビのような甘~いプリプリ感と、カニの濃厚な味わいがいっぺんに楽しめます。

蟹の上手な食べ方

料亭・レストランなどで、茹でカニを上手に食べるコツ

カニを食べるときに悩むのが「食べ方」。

身をあますとこなく食べつくしたいけど、上手に全部取り出せない・・・そんな経験がある人も多いのではないでしょうか?

特に食べ方が難しいのが、レストランや料亭、ホテルで食べる機会の多い、茹でカニ。新鮮な状態でボイルされた茹でカニは味も旨みもギュッとつまっておいしいですよね。コツさえマスターすれば、手を汚さないで簡単に茹でカニの身を取り出すことができます!

ポイントは、茹でカニの脚を関節より少し身が入ったところでポキっと折ること。

曲がりやすい関節でぽきっと折る人が多いですが、これだと骨だけが先に抜けてしまい、身が中に詰まりっぱなしの状態になってしまいます。関節より少し上の位置、身が入ってそうなところで手やハサミを使いカットすることで、身をするするっと自然に引っぱりだすことができるのです。

カニばさみやカニスプーンなど、専門的な道具を使って身をかきだす方法もありますが、この方法なら手だけでもするりと身が取れるのでストレスなく味わえます。

食べ放題でも使える方法なので、上手な剥き方をマスターすればいくらでも食べられちゃうかも?!

大満足の蟹食べ放題ツアーへ

蟹食べ放題ツアーの魅力とおすすめシーズンは?

高級品のイメージが強いカニですが、お金のことを気にせずたっぷり味わいたいのなら、やはり食べ放題ツアーに参加するのがベスト!
ツアーにもよりますが、タラバガニやズワイガニなど様々な種類を一気に楽しめるのがうれしいですよね。まんべんなく全種類味わうのもよし、お気に入りの種類だけに集中して楽しむもよし・・・好みによって、楽しみかたも色々です。

また、カニ食べ放題と冬の味覚の食べ放題がセットになったダブルでおいしいツアーも注目です。このようなツアーに参加すれば、カニだけでなくブリやアワビ、そしてフグなどおいしい冬の海鮮料理を心ゆくまで堪能できます。秋から冬にかけてカニ食べ放題ツアーの情報も増えるので、こまめにチェックしていればおトクなツアーに巡り合える可能性も?!

そして、おススメのシーズンはやはり冬!

カニが獲れる時期は地域によって若干異なりますが、福井や兵庫、鳥取など日本海側では11~2月に漁期を迎えます。また、北海道では一部のズワイガニなどが春に獲れるところも。

「しまった!今年はカニを食べ損ねた!」という人は3月の少し暖かくなる時期に北海道方面のツアーに参加するのもひとつの方法かもしれません。

おいしい身がぎゅっとつまった、冬のカニ。食べ放題ツアーに参加して贅沢気分を楽しんでみませんか?

関連トピック

この記事を書いた人REPORTER

旅ポラ編集部250_250

毎月1回は必ず国内旅行(日帰り含む)へ繰り出し、夏休みや冬休みには殆どのメンバーが国内外へと出かけていくという、旅集団「旅ポラ編集部」。 自らが現地で体験した旅の感想からマニアックな楽しみ方、ちょっとした旅の豆知識まで、様々な角度で旅を楽しむための記事をご紹介していきます。

蟹の上手な食べ方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅ポラの最新情報をお届けします

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

↑