高速バスの座席
ディズニー

高速バスで快適に!ディズニーリゾート®への行き方

投稿日:2016.11.16
230ポラ 旅ポラ編集部

この記事を書いた人

旅ポラ編集部250_250
旅ポラ編集部

記事一覧

この記事をシェア

高速バスで快適に!ディズニーリゾート®への行き方

高速バスの座席

時間フル活用できる!オリオンツアーの日帰り夜行バス

友達と旅行計画を立ててお出かけ。修学旅行のように、何ともワクワクするシチュエーションですね。今回は、そんな時にもピッタリな「オリオンツアー夜行バス日帰りで行く、ディズニーリゾート®の旅」をご紹介します。

オリオンツアーでは、ディズニーへの交通手段として、往復夜行バス、往復飛行機、往路バス+復路飛行機といった3つのバリエーションを展開しています。中でも、夜行バスを利用するバスツアーは、リーズナブルでとても人気。何より、オリオンツアーはディズニーリゾートへの直行便が多く、バスに乗って寝ている間に、気づけばパーク着という快適プランが魅力なのです。

日帰りといっても、1日目(夜出発 バス泊)→2日目(早朝 パーク着、夜 バス乗車)→3日目(朝 帰着)という流れなので、2日目は、朝から晩までの丸一日、思いっきりパークを楽しめます。寝ている間の移動で、時間を有効に使えます。しかも、パークの1デーパスポート付きプランなら、チケットを買うために混雑する列に並ぶ必要もありません。万が一、入場制限になった場合でも入園が保障されているので安心です。パスポートは、開園30分前ころに現地で受け取ることができます。

葛西臨海公園

便利な片道バス+1デーパスポート付プラン

せっかくの旅行、1日だけではもったいない。ディズニー以外の場所も楽しみたい!そんな方には、オリオンツアーの片道バス+1デーパスポート付プランがおすすめです。

パークで遊んだ後の宿泊先も、翌日以降の観光も、旅行日数も自由に組み立てやすいのがメリット。復路の交通手段も、自分の都合で決められます。例えば、ディズニーリゾートで遊び疲れた当日は、パークから近く、シャトルバスも利用できるオフィシャルホテルやパートナーホテルなどで宿泊。翌日はホテルからアクセスがいい京葉線沿線で人気の高い「葛西臨海公園」に。自然豊かな公園で、気持ち良い海風の中、ピクニックするというのも素敵です。公園を走るパークトレインに乗って広大な敷地を散歩する途中、遠方にディズニーランドのシンデレラ城や、ディズニーシーのプロメテウス火山などが見える場所も。角度を変えてディズニーリゾートを眺めるのも新鮮。園内には、マグロが回遊する展示が有名な「葛西臨海水族園」もあります。また公園からお台場や浅草方面まで水上バスが出ているので、クルージングを楽しみながら、お台場や浅草へ観光をしに行くこともできますよ。

宿泊プラン付きバスツアー
画像はイメージです

宿泊プランで叶えるディズニー満喫の旅

東京ディズニーリゾート®を存分に堪能したい方には、オリオンツアーの宿泊プランがぴったり。往復の交通手段+宿泊+パスポート付きのお得なプランになっています。宿泊先も、オフィシャルホテルやパートナーホテル、グッドネイバーホテル、近隣のホテルなど、豊富なラインナップの中から、自分の好みや予算に合わせて選ぶことができます。

しかも、宿泊プランならではの特典で、追加料金を払えば、セットの1デーパスポートを2デーパスポートへ変更OK。これならディズニーランドとディズニーシーを両方楽しむ、欲張りな旅が実現できますね。

予約は、24時間受付のオンラインが便利。ホームページを見てプランが決まったら、料金・空席カレンダーから出発日を選んで予約しましょう。その際、ホテル・交通の便名・乗下車地・パスポートの種類を選択。ツアー内容に「路線バス利用」と記載のあるものは、座席タイプを選ぶことも可能です(割増料金あり)。また、同じ便であれば、同一グループでも、乗下車地を1人ずつ決められるので、友達と違う場所から乗り合わせるなんてこともできちゃいます。WEB限定商品を除けば、電話予約も可能です。
 

オリオンツアーで行く東京ディズニーリゾート®への旅はこちら☆彡↓
http://www.orion-tour.co.jp/disney/
 

この記事を書いた人REPORTER

旅ポラ編集部250_250

毎月1回は必ず国内旅行(日帰り含む)へ繰り出し、夏休みや冬休みには殆どのメンバーが国内外へと出かけていくという、旅集団「旅ポラ編集部」。 自らが現地で体験した旅の感想からマニアックな楽しみ方、ちょっとした旅の豆知識まで、様々な角度で旅を楽しむための記事をご紹介していきます。

高速バスの座席

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅ポラの最新情報をお届けします

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

↑