koutsu-syudan
スキー・スノーボード

【スキー場への交通手段メリット・デメリット徹底比較】車、電車、バスどれがいいの?

投稿日:2017.2.16
2191ポラ GOくん

この記事を書いた人

風見鶏
GOくん

記事一覧

この記事をシェア

【スキー場への交通手段メリット・デメリット徹底比較】車、電車、バスどれがいいの?

koutsu-syudan

自由度の高さなら自家用車。

自家用車ならば自宅で荷物を積んだら、
そのままゲレンデに向かうことができます。

友達とグループで行くならば、道中は車内でワイワイとおしゃべりができて、
途中でサービスエリアやコンビニに寄るのも自由です。

このように自由に過ごすことができるのが自家用車の魅力です。

逆に自家用車での移動にはデメリットもあります。

まず、2〜3人での移動だと高速代やガソリン代などの交通費が、
バスツアーに比べて割高になることがあります。

また、長い時間のドライブになり、目的地によっては悪路を走ることもあるので、
運転手への負担が大きくなります。

ゲレンデで目一杯運動をした後の運転は余計に疲れを伴いますので、
帰り道は特に気をつけるようにしてください。

遠出で一番負担がかかるのは運転手。

もし車を出してくれるお友達がいるならば、気配りを忘れないようにしましょう。
疲れていそうなら声をかけてあげたり、
飲み物を差し入れしてあげたりといったケアをしてあげると、
先々いい付き合いができるはずです。

[自家用車移動のポイント]

時 間:渋滞があると余計にかかってしまう。
費 用:5〜6人のグループで行くならば結構お得。ただしリフト代は通常料金。
注意点:やはり運転手には負担がかかる。疲れていても運転をして帰ってこなくてはならない。
    雪道の運転は、慣れていても危険がある。もちろん、運転手はゲレンデでお酒を飲めない。

 

koutsu-syudan

駅とゲレンデが近いなら電車も便利

GALA湯沢スキー場をはじめとする越後湯沢駅近辺のゲレンデは、
駅からのアクセスが良好なので、上越新幹線で都心からいち早くアクセス可能です。

車と比べて往復で2時間も早いというのは、さすがは新幹線といったところでしょうか。

北陸新幹線の軽井沢駅も駅からすぐの場所に
軽井沢プリンスホテルスキー場があるのでおすすめです。

ウェアやギアをスキー場でレンタルする場合は、
軽装で身軽に移動ができるといったメリットがあります。

一応、新幹線内にはスキー板など長いものを置くスペースがありますが、
予めスキー場に送ってしまうのも手かもしれません。

そして、新幹線を利用するにあたって気になるのが運賃。

やはり、自家用車やバスツアーに比べて割高になります。

特に運賃やリフト代がツアー料金に含まれているバスツアーと比べると
倍近くかかることもあるようです。

電車でゲレンデに行くことの最大のデメリットは交通費なのかもしれませんね。

[電車(新幹線)移動のポイント]

時 間:不確定要素が少ないため、車よりは遥かに正確で早い。
    しかし、駅からゲレンデまでの移動に時間がかかることがある。
費 用:割高。また自家用車移動のように人数が多いほど安くなるということもない。
注意点:駅から近いゲレンデはかなり限られていて、
    ほとんどの場合が駅からシャトルバス等で移動することになる。
    そのため、行き先によっては車で移動するのと時間的に変わらないこともある。
    大きな荷物を持っての各駅構内での移動は意外と疲れる。乗り過ごしには要注意。

 

バスに乗って記念写真

お得&気軽、いいとこ取りのバスツアー

バスでの移動はツアーで計画されているものがほとんどなので、
何と言ってもお得なことが魅力です。

日帰りツアーならば往復の運賃にリフト券が付いて1万円前後のことが多く、
ウェアやギアのレンタルも通常より安く利用できるプランもあります。

移動中の車内は静かなので、道中は仮眠をとって休むこともできます。

また、目的地が終点のため、電車移動のように寝入ってしまって
乗り過ごすという心配はありません。

自家用車移動のように行き帰りの運転の心配もなく、
時間どおりに集合して乗りこんでしまえば目的地まで届けてくれるバスツアーは、
お得感と気軽感の両立した移動手段と言えます。

[バス移動のポイント]

時 間:渋滞がなければ定時に目的地に到着する。
費 用:総合的に割安。バスツアーならではの割引が適応されることも。
注意点:出発時刻が決められているので集合に遅れないように気を配っておく。
    車内では静かに過ごすことがマナー。
    仮眠をとるならばアイマスクやネックピローがあると快適。

 

いかがでしたか。

ゲレンデへ行くための移動手段には、それぞれにメリット・デメリットがあり、
それぞれ違った楽しみ方があります。

もし可能ならば、どれも試してみて、
ご自分のスタイルに合った移動手段を見つけてみてください。

 

*・。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*

オリオンスキーはこちら→ http://www.orion-ski.jp/

*・。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*・.。.・*

この記事を書いた人REPORTER

風見鶏

冬といったらスキー場!ってぐらいにスキー・スノーボードが好きです。普段はアパレルで勤務していますが、冬になったら休みは全部ゲレンデに費やしてしまいます。スキーやスノーボードがうまくなるコツや体験談などをシェアしているので、是非読んでみてください!

koutsu-syudan

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅ポラの最新情報をお届けします

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

↑