ユニバーサルスタジオジャパンの恐竜の骨
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®

押さえておきたい!USJのフォトスポット10連発

投稿日:2015.11.16
15775ポラ ぱう

この記事を書いた人

黄色いインコと白いインコ
ぱう

記事一覧

この記事をシェア

押さえておきたい!USJのフォトスポット10連発

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®(USJ)といえばハリーポッターなどのアトラクションが注目されがちですが、大切な家族や恋人との楽しい思い出をたくさん残すために、しっかり押さえておきたいのがフォトスポットです。園内を歩いていると、これぞUSJ!という撮影ポイントがいくつかあります。SNSにもアップしたくなること確実!今回はそんなおすすめフォトスポットをご紹介しましょう。

わくわくしながら大きな門をくぐると、右側にみえてくるのがこのオブジェです。写真ではわかりにくいですが、映画でよくみるように常にロゴが動いていました。噴水でゴージャスに演出されたこちらでまず1枚。ロゴがいい位置にくるタイミングを狙いたいですね。

ユニバーサルスタジオジャパンの手形

次におすすめなのは入場ゲートからまっすぐ歩き、左手にみえてくるこちら。なんとスターの手形がたくさん壁に飾られています。実際に触れてもOKなので、スターとバーチャル握手をしているような感覚になれるかも?こちらは空いているのでゆっくり撮影できます。

ユニバーサルスタジオジャパンの恐竜の骨

「USJといえばジュラシック・パーク®だよね!」という方におすすめしたいのは、ロストワールド・レストラン®。天井の高い屋内に置かれた巨大な恐竜の骨をバックに1枚。恐竜をみながらお肉を頬張っていると、自分も恐竜になったような気分になりそうです。

ユニバーサルスタジオジャパンの恐竜の頭

ジュラシック・アウトフィッターズの前では、こんな恐竜がお出迎え。人気の撮影スポットらしく、係の人が渡してくれた大きな卵を持って順番に写真を撮っている人がたくさんいました。卵には急に動いたらびくっとしそうなリアル感がありました。

ユニバーサルスタジオジャパンのジョーズ

USJといえば忘れちゃいけないジョーズ®。吊るされながら被写体としてスタンバイしているサービス満点ぶりです。いい具合に口を開けているので、そこに頭をかざしてドキドキ写真を撮るお客さんがたくさん。人気の撮影スポットらしく、行列ができていました。

小さいお子さんにおすすめなのが、ユニバーサルワンダーランド。ここではスヌーピー、ハローキティ、セサミストリートのキャラクターをバックにパチリ。ちょっとした植え込みにもお人形が置いてある可愛さ満点のエリア。セサミストリートの新メンバー、ふわふわピンクのモッピーもいました。

ユニバーサルスタジオジャパンのマネキンとハローキティー

たくさんあるショップの中には、店頭にこんなベンチがあるお店も。こちらはハローキティのアパレル店です。最新デザインのファッションを身につけたお人形の隣に座り、いろんなポーズのおもしろ写真が撮れそうです。

ユニバーサルスタジオジャパンのレトロな車

ハリウッド・エリアにあるメルズ・ドライブイン®の前には、懐かしいアメ車が置かれています。乗れませんが、近くで写真撮影はOK。映画通な方は。『アメリカン・グラフィティ』などの名作シーンを真似て1枚如何でしょうか。

ユニバーサルスタジオジャパンのスパイダーマン

こちらはサンフランシスコ・エリアにある、スパイダーマンと撮影できる場所の裏側。普通に正面で撮ったあと、裏側で「背中はこうなっていたのか…」と思いながらの1枚もオツなもの。正面の撮影は行列ができますが、こちらは穴場なのでかなり空いていますよ。

ユニバーサルスタジオジャパンのバックトゥーザーフューチャーの車

サンフランシスコ・エリアには、『バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ』にでてきたタイムマシンのベースカー、デロリアンが飾られています。ガルウィングが開いて、煙とともにドクが出てくるのを想像しながら1枚。

さてみなさま、いかがでしたでしょうか。楽しい思い出をたくさんのすてきな写真に残しておくと、年月が経ったあとに感じる旅の幸せはひとしおですよね。ぜひ思い出に残るナイスな写真をたくさん撮ってくださいね。

この記事を書いた人REPORTER

黄色いインコと白いインコ

昭和のファッションが似合い過ぎて困っているフリーライター。お年寄りには好かれるが、犬には吠えられる。初対面なのに「どこかで会ってますよね?」と言われることが多い。取材で知らない場所に行って、知らない人のお話を聞くのがなによりの喜び。動物の中ではインコがいちばん好き。

ユニバーサルスタジオジャパンの恐竜の骨

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅ポラの最新情報をお届けします

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

↑