車のタイヤ
スキー・スノーボード

このポイントを抑えれば、ゲレンデに向かう運転もばっちり!

投稿日:2015.12.7
3219ポラ メスカリン佐々木

この記事を書いた人

和室の中に扇風機が一台
メスカリン佐々木

記事一覧

この記事をシェア

このポイントを抑えれば、ゲレンデに向かう運転もばっちり!

『雪道の運転は怖い』

雪道での運転は何が起こるか分かりません。どんなに運転に自信がある人でも、まずこのことは受け入れてもらいたいものです。ちょっと不安になるくらいが、ちょうどいいくらいなんじゃないでしょうか。

そういう前提で、車でゲレンデ入りする人向けに注意すべき点をまとめました。

車のタイヤ

Photo Credit: AS-kom

これだけは必ず準備しよう

スタッドレスタイヤは絶対

これは、絶対です。積雪や凍結でも高い能力を発揮できるので、安心度がまるで違います。雪道でなくても走行できることが特徴なので、冬が来たらタイヤを履き替える習慣をつけておきたいですね。ちなみにオールシーズンタイヤは雪道では効きません。

タイヤチェーンは必ず持っていく

車で降雪地域に行くときの基本の「き」です。たとえスタッドレスタイヤでも、雪道ではチェーンをつけているかどうかで走行パワーに雲泥の差があります。チェーンは取付けが大変というのは昔の話で、いまのチェーンは取付けがとても簡単なものがあります。安いものであれば7,000円くらいから購入できるんですよ。

バッテリーのチェック

これも命綱の一つ。寿命が近づいているバッテリーでは、寒冷地ではエンジンを動かせなくなる恐れがあります。出かける前にバッテリーの液や充電量が十分かどうか確認しましょう。近くの車用品店、もしくはガソリンスタンドでチェックしてもらえます。少しでも不安があれば、新品に取り換えてしまうのがオススメ。バッテリーが上がってしまったときのために、ブースターを揃えておくこともオススメします。

ウォッシャー液は固まります

雪道では視界の確保は大切です。寒さに強い寒冷地用のウォッシャー液を入れておきましょう。

JAF会員証

助けてくれる人がいるという安心感は何事にも変えられません。

ドライバーは2人以上で

雪道を走るということは予想以上に運転手に負担をかけます。それだけ事故になる可能性が増えるということです。

そのほか

スコップ(鉄製)、手袋、長靴、牽引用ワイヤーなど。何かあったときに「持っててよかった~」と思う物です。

雪の坂道を運転

Photo Credit: Steve Allen

運転するときはこれに気をつけよう

とにもかくにも「安全運転」

スピードは控え目に、車間距離は十二分にとりましょう。雪道では「ちょっと大げさかな」と思ってしまうくらいがちょうどいいです。

エンジンブレーキをメインで使う

AT 車に乗り慣れている人には馴染みがないかもしれません。エンジンの回転を利用したブレーキのことを言います。低いギアにシフトダウンすることで回転が抑制され、制動力が働きます。フットブレーキでは急な制動力がかかってしまうので、雪道では簡単にタイヤをスリップさせてしまいます。フットブレーキは補助的 に使うようにしましょう。

坂道では止まらない

一旦坂で止まってしまうと、発車するときにスリップが起こりやすいです。前の車との車間距離を十分に取りながら、見計らって一気に登り降りしてしまいましょう。

曲がるときはしっかり減速

道路が滑りやすいとき車は横方向の動きに弱いです。しっかり減速してからハンドルを切るようにしましょう。

雪の中の運転

Photo Credit: Marian Weyo

車を止めるときはこれに注意しよう

駐車するときの注意 その1

車を長時間止めるときにサイドブレーキはかけないようにしましょう。凍結してリリースできない場合があります。

駐車するときの注意 その2 

エンジンをかけたまま車の中で寝ている人をよく見かけます。ふとした拍子にアクセル踏みっぱなしの状態になり、エンジンを壊してしまうこともあります。実際にそういう事故は発生しているので注意しましょう。

駐車するときの注意 その3

エンジンは冷えすぎるとかかりにくくなります。可能であれば駐車時はエンジンルームに陽があたる方向で止めたいですね。また、マフラーに雪が詰まっていて排気ができないことで、エンジンがかからないということがあるので、乗る前にはチェックしましょう。

冒頭にも書きましたが、雪道の運転は何か起こるか分かりません。

とにかく「安全運転」で。

そしてスノースポーツを楽しみましょう。

この記事を書いた人REPORTER

和室の中に扇風機が一台

新聞記者、雑誌編集を経てフリーランスに。現在はグルメ、旅、釣りが主戦場。

車のタイヤ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅ポラの最新情報をお届けします

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

↑