伊豆の海の景色
伊豆七島

自然の中で釣りを楽しもう! <伊豆諸島編>

投稿日:2015.12.28
4642ポラ メスカリン佐々木

この記事を書いた人

和室の中に扇風機が一台
メスカリン佐々木

記事一覧

この記事をシェア

自然の中で釣りを楽しもう! <伊豆諸島編>

釣りをする画像

60キロ超のクロマグロも釣れた大島・赤岩

秋は深まり、冬の訪れを感じさせる季節ですが、身体を動かし、なおかつ食欲を満たす絶好のレジャーといえば「釣り」と言えるのではないでしょうか。今回は関東でも屈指の釣り場である伊豆諸島にスポットを当て、特に家族でも楽しめ、よく釣れる(磯釣りの)ポイントをご紹介します。

大島

<12月から3月頃にかけて釣れる魚>

~12月末:スルメイカ/ヒラマサ/赤イサキ

~3月末:真アジ/アコウ鯛

通年:カサゴ/タカベ/沖メバル/金目鯛/黒ムツ/赤ハタ

 

<ポイント>

野田浜

大島の最北端に位置する乳ケ崎の南側のふもとに広がるのが野田浜。大島で獲れる代表的な魚のほとんどが集まるスポットとして、釣り人から人気があります。なお、ルアー釣りでもカンパチやヒラマサなど、食卓でもお馴染みの青魚が釣れます。同時に海水浴場かつダイビングスポットでもあることから、トイレを完備している点も釣り人から好評。富士山をほぼ真正面に臨めるというロケーションも魅力的です。

赤岩

大島を訪れる釣り人が一度は挑戦を試みる場所で、過去には10キロを超えるシマアジ、さらには61キロのクロマグロも釣れたというエピソードがあります。ただし波や風の影響を受けやすい場所で、突然の波にさらわれる危険な場所でもあります。安全には十分な注意を払いつつ、悪天候の日は釣行を諦める勇気も必要です。

伊豆の景色

初心者や家族連れにも優しいポイント式根島

式根島・新島

(12月から3月頃にかけて釣れる魚)

~2月末:ヒラメ

~3月末:アオリイカ

通年:メジナ/真鯛/ゴマサバ

 

<ポイント>

野伏港

野伏港の桟橋は、水深があり、沖にせり出しているので潮通し(潮の流入、流出のこと)が良いため、式根島のもっともポピュラーな釣りスポットとなっています。また正面にあたる部分に新島があるため高波があがることがめったになく、初心者の方にもおすすめといえるでしょう。

犬の首

島の北側に位置する磯。やや物騒な名称ですが、南東向きの風が吹く際は、絶好の漁場となります。なお、良く釣れる魚種は、イサキ、メジナなどがあります。

孫市

島の東側にある磯で「小の口公園」のすぐ裏。西向きの風が吹く時こそ、このポイントの真骨頂。メジナなどを狙ってみると良いと思います。

式根島港

アオリイカなどがよく釣れるポイントで、狙うべきは北向きの風が吹いた日。付近でレンタルの竹竿を借りた家族が堤防で釣りを楽しむシーンも、よく目にするポイントです。なお日によっては魚よりも釣り人が多い、なんてケースもある場所なので、そんな時は別のポイントを狙っても良いかもしれません。

伊豆の海の景色

椿が島一面を覆う観光スポットでもある利島

利島

島の約80%が椿の木に覆われています。いろいろなものが狙えますが、特に夜釣りでは鯖がよく釣れます。釣りのほか、野鳥や星の観察、冬に島一面を覆う真っ赤な椿の花を目当てに訪れる方も多い場所です。

 

<ポイント>

利島港

島最大のポイントで、水深は15m以上、海底は砂メインでまばらに岩礁がある程度です。狙える魚はクエやシイラ、ヒラマサ、カンパチ、コロダイ、マダイ、フエフキダイあたり。

利島桟橋

利島港のすぐ近くにできた桟橋で先端付近が好漁場。狙える魚は利島港と同じです。

 

いかがでしたでしょうか。もちろん今回ご紹介したのはあくまでも代表的なポイント。このほかにも魚が狙える場所はたくさんあります。地元の方やポイントで知り合った釣り仲間から、“ならでは”の場所を教えてもらうなんてことも釣りの醍醐味です。

また、伊豆諸島を見渡せば釣りのほか、ユニークな観光スポット巡り、バードウオッチング、さらには温泉なども楽しめます。釣れない時、天気が悪い日はほかのレジャーを楽しみ、気持ちを切り替える。そんな息抜きスポットが多いのも、このエリアが多くの釣り人から愛される理由といえるでしょう。

この記事を書いた人REPORTER

和室の中に扇風機が一台

新聞記者、雑誌編集を経てフリーランスに。現在はグルメ、旅、釣りが主戦場。

伊豆の海の景色

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅ポラの最新情報をお届けします

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

人気記事ランキングRANKING

ランキングをもっと見る

↑